産業用太陽光発電

■ 産業用太陽光発電とは?

「産業用太陽光発電」とは一般住宅以外に設置する太陽光発電システムのこと。
工場や商業施設の屋根上設置や広い休閑地で設置されることが多く、売電収益や減税、非常時の電力としてキープするなどの目的で有効活用できます。

戸建用太陽光発電の場合、余った電力だけ売電できる『余剰電力買取制度』。そのため、発電した電力をすべて使ってしまえば、売電収益を得ることはできません。

しかし、産業用太陽光発電の場合は『全量買取制度』が適用され、買取期間も余剰電力買取制度の10年間よりも長い20年間。安定収益が見込めます。

当社ではそんな産業用太陽光発電機設置のお手伝いをしております。

■ 気になる設置箇所は?

○地上設置(野立て)

地面にモジュール取付架台を設置し、太陽光パネルを並べるタイプ。
遊休地や空き地、耕作放棄地などはございませんか?
使わずに放置しているだけであれば、太陽光発電機を設置して土地を有効活用しましょう。

○屋根上設置

屋根上設置用のモジュール取付架台を介して太陽光パネルを設置するタイプ。

倉庫や工場、社屋・オフィスビルや集合住宅などの屋根は有効活用できるスペース。建物の中でも最も日光を浴びる箇所でもあるので、太陽光発電との相性は非常に良いといえます。

また、屋根への直射日光を遮るため、屋内室温の上昇を防いで冷房効果を高めることができます。夏場の電気料金を抑えつつ、太陽光発電で得た電力を消費する……という選択肢もございます。

蓄電池を使って非常用に電力をキープすることもできますので、合わせてご検討くださいませ。 >>蓄電池(リンク:業務内容 蓄電池)

【事務所】 0736-62-5848
【代表直通】 090-4644-0182
【営業時間】 9:00~19:00
【定休日】 無休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 岩出市を中心に近畿一円対応

一覧ページに戻る